2012年05月20日

エイデン・リー《Aiden Lee》

スーパージュニアのメンバー、ドンヘの英語名。二重国籍なわけではない。本人による命名である。

▼「エイデン・リー」裏話
http://www.youtube.com/watch?v=1Z70Oe5JZS0
訳は本館の記事からどうぞ。

happyhae.jpg
なんというか、アホの子はいつだってこんな感じでハッピーでいてくれたらそれでいいような気がします。

【関連項目】アホの子みんなの彼氏


ラベル: ドンヘ
posted by なつめ at 01:18| Comment(4) | あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

ルームメイト

《1》同じ家や部屋を分け合う人のこと。同居人。

スーパージュニアの宿舎における同室組(※過去のもの含む。2012年現在、ほとんどのメンバーが個室を使用)は、ソンミンとキュヒョン、イトゥクとドンヘ、イェソンとリョウクなど。

▼SUPER JUNIORの宿舎ツアー(ハイライトのみ)

↑2009年。英語字幕つきFULLは↓でどうぞ。
Part.1 http://p.tl/h9dr
Part.2 http://p.tl/WrC6
Part.3 http://p.tl/h1ci
(後半はスタジオトーク。ヒチョル、キボムを除くメンバー出演。)
Part.4 http://p.tl/-voV
Part.5 http://p.tl/pvaT
Part.6 http://p.tl/ld0b
Part.7 http://p.tl/Xvds
Part.8 http://p.tl/RSXn
Part.9 http://p.tl/XeCH

《2》2006年放映のバラエティー「Super Juniorの自作劇」(Mnet)において、イェソン、シンドン、ソンミン、リョウク、キュヒョンの出演・演出で制作されたミニドラマ。サスペンス・ホラー。公式が病気。オチは恐怖のどんでん返し。

▼ルームメイト(英語字幕)





キュミン萌え、イェウク萌え、シンミン萌え的に外せない動画ながらオチはちょっとコワイ。

【関連項目】部屋割り、キュミンイェウク、シンミン、Super Juniorの自作劇


posted by なつめ at 00:53| Comment(3) | ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

13人いる!(じゅうさんにんいる)

スーパージュニアのライブやMV映像、集合写真等を見る際、ELFが確認しがちなこと。ライブやMVでは特に、最初に人数を数えても、重役出勤、社長早退などの変則モードがあるため、最後に人数があわなくなることもしばしばである。

sj13.jpg

デビュー当時、キュヒョンはまだ加入していなかったこと、3集以降、キボムが音楽活動に参加していないこと、ハンギョンが中国に帰国したこと、兵役や退役、シウォンに映画やドラマの個人活動が多いこと、メンバーの怪我や病気など、人数に増減がある理由はさまざまであるが、はじめてスーパージュニアを見た人にメンバーの人数を聞かれた場合は「だいたい8〜13人」と答えておけばまず間違いない。しばしば日本のマスコミでやってしまいがちな「10人組のアイドルグループ」などいう断言をしてしまうと、あとで余計ややこしくなるので。

sj3.jpg
わらわら、わらわら。

3集Sorry, Sorryのジャケットで、何人いるか、数えてみよう。
sjsorry.jpg

いないの、だーれだ。(※1)
sj2005.jpg

No OtherでMVには出演してたけど、このラストシーンにはいない人は誰でしょう。(※2)
sj4.jpg
ヒント:社長早退

数えてみよう。
sjss.jpg

ミーミとヘンリーはどこかな。(※3)
ss2mimihenry.jpg

数が少ない、少ないとか思っていると…
sjss3.jpg

一人が二人に増殖してたりすることもあるので、油断ならない。
sjsimplemv.JPG

鍛えよ、動体視力!
ss4paris.jpg

ちなみに、「で、スーパージュニアって結局何人グループなの?」と聞かれた際の模範解答は、「13人+2人(ヘンリー、チョウミ)+ELFで16人だよ!」である。

【関連項目】社長早退、重役出勤ELFヨルセミョン

続きを読む
ラベル:13
posted by なつめ at 00:21| Comment(6) | 英数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

シムシムタパ(深深打破/退屈打破)

韓国MBCラジオの深夜ラジオ番組。放送は平日夜0時5分〜2時、週末は夜0時〜2時。2008年4月〜、スーパージュニアのメンバー、シンドンがパーソナリティーをつとめている。女性お笑いタレントのキム・シニョン、KARAのメンバー、パク・ギュリなどの女性パーソナリティーとの二人司会時代もあったが、2012年現在、シンドンの単独司会。日本では略して「シムタパ」などとも言う。BORAもあり。MBC演技大賞のラジオ部門で複数回の受賞暦がある人気番組である。

2008ShimTapa.jpg
2008年、シニョンさんと一緒。

▼1005020 4集Bonamanaプロモーションでメンバー総出演


20100520SimTapa.jpg

▼110813 5集Mr.Simpleプロモーションでメンバー総出演


2011ShimTapaSJ.jpg

トーク王シンドンの楽しいラジオ、皆さんも是非。
shimtapadon.jpg

番組公式HPはこちら→http://www.imbc.com/broad/radio/fm/enjoy/index.html

【関連項目】シュキラヨンスBORA
ラベル: シンドン
posted by なつめ at 22:15| Comment(2) | さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

2007年の出来事(後半)

◇7/2:アルバム「2007 Summer SM TOWN」に参加。曲は「Happiness」


2007 Summer SM TOWN ~ Various Artists(韓国盤)
Various Artists
Sment (2007-07-09)
売り上げランキング: 146760


◇7/6:キュヒョン、退院。
※退院後、メンバーたちを驚かせようと黙って宿舎にいってみたら、全員仕事でいなかった、というエピソードあり…

◇7/26:映画「花美男(イケメン)連続ボム事件」公開。

※事故のためキュヒョンは出演せず、イトゥクはエンディングとメイキングのみの出演。


※初回限定版のみのメイキング映像は秀逸。

花美男(イケメン)連続ボム事件(通常盤) [DVD]
エイベックス・マーケティング (2008-11-28)
売り上げランキング: 3826


◇9/3:MBCのドラマ「イルジメ外伝」にシウォン出演(ドラマは。2007年 9月3日、4日に連続して放映)。
イルジメ外伝 [DVD]
イルジメ外伝 [DVD]
posted with amazlet at 12.05.03
エスピーオー (2009-06-03)
売り上げランキング: 52133


◇9/8:S-DMB放送「ミラクルフォーユー」よりDJイェソン卒業。

※映像は2007年7月のもの。

◇9/20:アルバム 2集「Don't Don」リリース。


The SECOND ALBUM『Don't Don』(DVD付)(ジャケットA)
SUPER JUNIOR
rhythm zone (2009-02-25)
売り上げランキング: 2390


◇9/21:「Don't Don」カムバックステージ。キュヒョンの交通事故後初のステージ、ヘンリーの実質デビューステージ。


◇10/21:人気歌謡で「Don't Don」がミュチズンソング(一位)。

※映像は別の日?

◇11/1:M!カウントダウンで「Don't Don」が一位獲得。

※映像は練習室動画

◇11/5:「Don't Don」リパッケージ版リリース。後続曲は「Marry U」など。


Super Junior 2集 - トン トン!  リパッケージ (CD+DVD)(韓国盤)
Super Junior
Sment (2007-11-12)
売り上げランキング: 9506


◇11/11:SBSにてバラエティ番組「人体探検隊」放送開始(〜2008年2月3日)。


◇11/17:M.net KM Music Festival (MKMF) 、AUCTIONネティズン人気賞、モバイル人気賞、今年の歌手賞受賞。




◇11/21:MBCのトークバラエティ「ラジオスター」にイトゥク、ヒチョル、カンイン、シンドンがゲスト出演。

◇12/7:アルバム「2007 Winter SM TOWN」に参加。曲は「First Snow」。


2007 Winter SM Town
2007 Winter SM Town
posted with amazlet at 12.05.03
Various Artists
SM Entertainment (2007-12-10)
売り上げランキング: 85657


◇12/14:ゴールデンディスク賞、ディスク本賞、Anycall人気賞受賞。アルバム「Don't Don」に対して。




◇12/18:実写アニメ映画「アルヴィンとスーパーバンド」公開。カンイン、ヒチョル、シンドンが声優として出演。

※これはオリジナル(英語版)のTeaser。

◇12/27:Mnetのバラエティ「ラブファイター」にイトゥク出演(〜2008年10月9日)。

posted by なつめ at 00:38| Comment(1) | クロニクル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

ヨルセミョン

ハングルで13人の意。

スーパージュニアのファーストアルバムが出た段階では、事務所はグループを「プロジェクトチーム」と位置づけ、メンバーは固定ではなく卒業したり新しいメンバーが加入したりするという、モー娘。的な展開を考えていたため、グループ名も年号を付した「SUPER JUNIOR 05」としていた。が、予想に反する爆発的な人気により、固定メンバーでの活動が続くこととなる。

Super Junior 1集 - Super Junior 05(韓国盤)

セカンドアルバムの「Don't Don」において、バイオリン演奏でヘンリーが参加した際、あくまで13人体制を支持するファンから、はげしい反対の声があがった。上記経緯から、ヘンリーの加入が、事務所が当初構想していたような、グループの流動化をもたらすという懸念を抱くファンが多かったためである。

▼Don't Don LIVE


Don't Donの間奏部分のヘンリーのソロ部分で、ファンが叫んでいるのが、いわゆる「ヨルセミョンコール(13人コール)」で、このファンチャントの中身は「守ってあげる 13人(チッキョジュルケ ヨルセミョン)」である。本来は、事務所がバラバラにして活動させようとしていた13人を、固定グループとして守るためのコールであったが、新たなメンバーの加入を拒否するネガティブな意味合いで使われることになってしまったのは、あまりにも皮肉なことである。当時ヘンリーはまだ10代の少年だった。

近年では、SUPER JUNIOR-Mのメンバーであるチョウミ、ヘンリーもメンバーとして受け入れられつつあり、SUPER SHOW、SM TOWNライブなどでもあたたかな声援を受けるようになった。が、本国ではDon't Donでのヨルセミョンコールはいまだにしばしば聞かれる。

▼SS2 Don't Don


2012年3月、ヘンリーのファンが「SMエンタテイメントはヘンリーのプロモーションに力を入れておらず、不公正な扱いをしている」という主旨の書き込みをネットにしたことに対し、ヘンリー自身は以下のように答えている。

『みんな、心配してくれてありがとう。ただ、言いたいのは…数年前に起きたこと(※デビュー時に起きた反対運動)は、誰も予想していなかったことなんだ、僕の事務所でさえも。あれは誰が悪かったんでもない。僕はあのとき、ファンのみんながどんな風に感じたのか、そして今どう思っているのか、すごくよくわかるよ。

でも僕自身は、あのときから今に至るまで、起きたことすべてに感謝してるんだ。あのことがあったから、僕は今自分が得ているものが、あって当然のものだって簡単に思ってたらいけないんだ、ってことを知ったんだよ。

ものすごく順調に人気が出て、みんなから受ける愛も、応援も、名声も、全部もらって当然だ、と思い込んでしまう人だっている。だけど僕は、そこにいて僕を支えてくれるみんな、その一人一人に、僕に向けてもらえる賞賛や叫び声のすべてに、感謝する気持ちを学ぶことができた。僕は愛や応援を「はいどうぞ」って渡されることの代わりに、「努力して得る」ことを学んだ。だからこそ僕は、ファンの前をまるでなんにもないかのような顔をして通り過ぎることなんかできないんだ。

僕のデビュー以来、そんなに沢山のプロモーションをしていないのは事実だ。それが僕にとってよくないことだ、と考える人も多いかも知れない。でも、実際のところそれは僕にとってはすごくいいことなんだよ。僕はそのあいた時間で、新しい楽器や言葉を勉強したり、作曲や動画の編集を覚えたり、夢みていた学校に通うことだってできた。

多くのアーティスト、特にK-Popのアーティストたちは、プロモーションが忙しくて、それ以外のことをする時間なんてほどんどないんだ。僕は自分がこの「おまけの」時間を持てたことにすごく感謝してる。だって僕はまだ自分自身、「これだ」っていうものを持ててはいない、って感じてるから。この時間があったおかげで、僕はいつか自分がこれらのことを必要になるときのために、準備をする機会が持てた。

僕の夢は、ただ単にテレビに出て活動して「有名」になって、ってことじゃなく、みんなからすごいなって思われて、あらゆる方面においてアーティストとして尊敬されるような、そんな何者かになる、ってことなんだ。SM(エンタテイメント)は、僕が今やっているこういうことすべてをやる機会を与えてくれた。そのことについて僕はずっと感謝してるんだよ。

みんなが僕を気にかけてくれること、本当に感謝してます。そして、もっともっと努力することを誓うよ。君たちStrings(※ヘンリーのファンベース)は本当に素晴らしいよ。もうしばらく、僕と一緒にいてね。』

(※英語からの訳です。あれこれ間違ってたらゴメンナサイ)


▼SUPER SHOWでのソロステージから
HenrySSsolo.jpg

HenrySSsolo2.jpg

HenryGuitar.jpg

▼Give Me Everything Tonight- Cover by Henry(ヘンリーと友人たちのセッション)


これからもっともっと素敵に成長し、ますます輝いていくであろうヘンリーに、どうぞあたたかな声援をお願いします。

Henry.jpg

【関連項目】マンネ
ラベル:ヘンリー
posted by なつめ at 00:07| Comment(3) | や行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。